わき毛を剃ってわきがを抑えよう

最終更新日

わきがの原因と対策

わきがの原因は、簡単に言うと体内にあるアポクリン腺という汗腺が原因です。ここから体液が分泌され、それが体外で皮膚に常駐する菌と反応することで、あのわきが特有の匂いになります。つまり、誰でもわきがになる可能性はあるということです。このアポクリン腺の働きが強い方は、わきがになる傾向も強いです。また、アポクリン腺の働きが活発な方は、そこからさらに悪化することもあります。そのため、わきがの治療でよくおこなわれているのが、アポクリン腺の除去です。手術や施術によって、働きを抑止してしまうという方法で、これが近年のわきが治療の定番となっています。わきがに悩まされている方は、対策としてアポクリン腺をどのようにするのかを考えてみると良いです。そうすれば、よりわきがとも上手に向き合っていけるのではないでしょうか。結論を言うと、わきがは治療できますし、早く治療すればそれに越したことはありません。

腋毛を剃ってわきが対策

わきがというのは、自分の毎日のセルフケアによって症状を抑えることも可能です。その中でも有効だと考えられるセルフケアが、脇の毛を剃ることです。腋毛には菌も付着しやすく、汗なども滞留しやすくなります。つまり、腋毛があることによって汗も菌も付着しやすくなってしまうのです。わきがの原因を考えると、アポクリン腺から分泌された汗が体外で反応することで発生するものなので、腋毛があると悪化します。つまり、逆に言えば腋毛をしっかり剃って清潔にすることで、汗や菌が滞留することも少なくなるのです。そうなれば、わきがの原因からブロックしていくことが可能です。女性よりも男性のわきがの方が強烈という意見もありますが、そこには脇の毛の処理に関係しているのかもしれません。腋毛を生やしているという方は、まずはしっかりと剃ってみてください。抜くのも良いですが、抜くと毛根がダメージを受けてしまいます。また、毛穴に汗や菌が入りやすくなるので、極力は剃るのが良いです。

腋毛処理の注意点

わきげ処理をする場合は、抜くという方法を用いる方も多いです。一見すると抜くというのは、良い方法のように思えます。アポクリン腺は毛根にも付着していることが多いため、抜いてしまった方がわきが対策になる可能性もあるかもしれません。ただ、毛を抜くと、そこに穴が開いてしまいます。さらにそこに汗や菌が付着すると、よりわきがになりやすくなる可能性もあるのです。腋毛処理をするのなら、専門の脱毛を受けるのが良いです。エステやサロンでは、しっかりとした方法で毛を処理してくれます。また、皮膚へのダメージも軽減してくれるところが多く、清潔感を保ったまま処理できます。わきがの方は、この清潔感というのもとても重要となります。まず処理を考えている方は、自分で剃るのも良いですがエステサロンに相談してみてください。そこでわきがを気にするかもしれませんが、それもセルフケアの1つと考えて乗り越えてください。

体臭の原因はさまざま

わきがに限らず、体臭の原因は人それぞれです。体臭で悩まされている方は、まずはその症状に自分で気付き、対処していくことが必要となります。それらに対策できるのは自分しかいません。体臭の原因は色々とあり、生活習慣なども深く関係しています。つまり、わきがの方は単に腋毛を剃るだけではなく、他のセルフケアについても目を向けることが必要となります。そこをしっかりするだけでも、また違ってくるのではないでしょうか。まずは色々な方法を駆使して、わきが対策を進めるようにしてください。もしかすると、それだけでも、また違ってくるかもしれません。

ワキガ治療のことならこちらへ

user